コラーゲンとどう違う?

女性美容サプリメント

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
女性美容サプリメント
エラスチンを配合した女性美容サプリメント >> コラーゲンとどう違う?

 

 

 

mainstreamプルランカプセル

mainstreamプルランカプセル

Lady's Vigor 200粒 タブレット

Lady's Vigor 200粒 タブレット

mainstreamを毎月お届け致します!

mainstream毎月お届けします

コラーゲンとどう違う?

100%無添加

コラーゲンはタンパク質の一種で、動物の身体の皮膚や筋肉、血管、内臓、骨、腱や関節、目や髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。これらは生体内の全タンパク質のおよそ30%を占めています。
コラーゲンは分子の長さが約300ナノメートル、直径が約1.5ナノメートルの棒状の形をしていて、様々な種類のアミノ酸が多数結合し3本集まって出来たコラーゲンは三つ編みのロープのようならせん状になっています。分子はこの3本の鎖が絡み合った3重らせん構造(へリックス構造)になっています。(1ナノメートル=0.000001ミリメートル)
これらが規則的に集合し繊維状になって人間の各器官に存在しているのです。
コラーゲンは熱を加えることによって三重らせん構造を壊われます。これはコラゲナーゼのように鎖を切断するのではなく、3本の鎖で出来たらせんを解くような働きで1本1本の鎖がくしゃくしゃになります。
この変化をゼラチン化といい、その変化が起きた時の温度のことを変性温度といいます。
ゼラチンというと固まったものとして捉えがちですが、このプルプルは熱によってゼラチン化したものが冷えて再び鎖が寄り集まって部分的に三重らせんを再構築して絡み合ったものなのです。
つまりコラーゲンがゲル化したものです。ゼリーや魚の煮こごり等はちょうどこのような状態のことです。
コラーゲンは皮膚に最も多く存在しています。皮膚の真皮部分の70%をコラーゲンが占めています。
コラーゲンは20〜30代をピークに年齢と共に徐々に減少していきます。そのほかにも紫外線やオゾンなどによる活性酸素や加齢などによってコラーゲンの新陳代謝が鈍くなると、シミやシワなどの肌トラブルやその他にも関節痛等が引き起こされます。
コラーゲンは人間にとって非常に重要な役割を果たしているということになります。減少したコラーゲンを補給したほうがよいということになります。
しかし一方では、コラーゲンを摂取する意義はあるのか?ということです。
コラーゲンを配合した化粧品が数多く販売されていますが、コラーゲンを皮膚に塗布することは皮膚外(表皮)に水分保持は出来ます。しかし皮膚の中(真皮)へ浸透するということはないであろうということです。つまり、コラーゲン塗布することは一時的には皮膚表面がしっとりと保湿剤の目的として潤いを感じることが出来るようですが肝心のコラーゲンが存在する真皮までは入り込んで吸収されてはいないということです。

それに対してエラスチンは、皮膚の真皮や靭帯、腱、血管壁など伸縮性の必要な器官に広く分布しています。皮膚や血管などの弾性に富む組織に多く存在している繊維状のタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があることで、肌に柔軟性を与えているといわれています。
又、近年では細胞増殖、遊走、接着、分化などの機能調節にも関与することが明らかになっています。

エラスチンは次のような特徴を持っています。
800以上ものアミノ酸からなる不溶性タンパク質です。非極性アミノ酸(グリシン、プロリン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン)の含量が高く、特にグリシン含量が高くなっています。
プロリン含量が高く、全体の10% 前後を占めています。コラーゲンと異なり、ヒドロキシプロリンをほとんど含みません。エラスチンのみに含まれる特有のアミノ酸、デスモシン・イソデスモシンを含みます。
このデスモシン・イソデスモシンは、エラスチン生合成の過程でエラスチン前躯体であるトロポエラスチン中のリジン残基より形成される、架橋構造に関与するアミノ酸です。
コラーゲンなどの他のタンパク質には存在しないため、これらはエラスチンの指標アミノ酸とされています。コラーゲンが真皮の線維成分として70%以上を占めているのに対し、エラスチンは僅か2〜4%程度しか含まれません。しかしこのエラスチンがコラーゲンの働きを助けているのです。
エラスチンは肌の深部真皮層で、細胞間のすき間を埋める繊維状のコラーゲンが網の目のように交差する部分をつなぎ止めるように束ねて支えている弾力線維です。
真皮に含まれるエラスチンはコラーゲンに絡みついて肌に伸縮性や弾力を与え、皮膚のハリを保っています。ゴムのように伸縮し、例えばベッドのスプリングのように皮膚に弾力を与えてくれます。
皮膚のエラスチンはコイル状になってコラーゲンに絡みつきますので、コラーゲンが充分にある状態では活発に働きます。
肌のシワが気になってくるのは、このコラーゲンとエラスチンからなる真皮の構造が壊れて来る為に起こるものです。いくらコラーゲンばかり摂取し補っても、エラスチンが不足するとコラーゲンを支えることが出来なくなってしまうので、肌の弾力がなくなり、シワやたるみの原因に繋がっていきます。
コラーゲンが20〜30代をピークとし徐々に減少するのに対し、エラスチンは20〜30代を境に40代を過ぎると急激にエラスチン量が減少し肌のハリや弾力がなくってきます。老化とともに生成されにくくなったエラスチンを摂取することで、真皮のコラーゲンとエラスチンの伸縮活動を活発にすることが、肌を若々しく保つポイントであるといえます。