エラスチンの製造工場 2

女性美容サプリメント

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
女性美容サプリメント
エラスチンを配合した女性美容サプリメント >> エラスチンの製造工場 2

 

 

 

メインストリームで美容と健康に!

メインストリームで美容と健康に!

mainstreamプルランカプセル

mainstreamプルランカプセル

エラスチンの製造工場 2

減圧濃縮機

高温濾過機を使って濾過された成分にはまだ多くの水分が残留しています。この水分をできるだけ少なくすることでより粉末化に近づけることになります。
それにはまずエラスチン水溶液をこの減圧濃縮機で遠心力を用いて溶媒の突沸を押さえながら泡立ち等によるロスを抑えて濃縮し濃度を高めながら濃縮液を製造します。濃縮方法にはこの他に真空状態にして低温で蒸発させる真空濃縮と凍らせてから氷結晶を分離し除去する凍結濃縮の他に特殊な膜を通すことにより水分を取り除き濃縮する膜濃縮などがあります。

乾燥機

減圧濃縮機によって約6倍に濃縮されたエラスチン濃縮液から更に水分を取り除かなければなりません。
水分除去には大量の熱量を要しますので、過熱水蒸気乾燥殺菌試験機を使って乾燥機させ85℃×10分間加熱により殺菌をしながら瞬時に粉末化し、エラスチン粉末を作製します。瞬時に乾燥することで粉末粒子が均一になります。この機械は過熱水蒸気で、食材の殺菌、乾燥、調理等が行えます。乾燥のみと比べると、濃縮・乾燥を併用するほうがトータル製造時間が短くなり使用する熱量(経費)も少なくなるメリットがあります。

包装室への入口扉

工場内に入るとき最初にエアーシャワーで衣服に付着したゴミ・ホコリ・毛髪などを吹き飛ばし、塵埃を除去しましたが、粉末化したエラスチンの包装室に入る際にも同じように風速約20m/s以上の清浄空気を吹き付けます。この包装室も当然ながらクリーンルームになっていますので清浄度の高い部屋として他からの部屋から空気が流入しないよう室内を陽圧に保っています。
梱包に関しましても振動や衝撃はもちろん、空気中の水分、ホコリなどの影響は製品の不良を引き起こす直接的な要因となりますので慎重に行われます。

X線検査機

慎重に包装されたエラスチンはX線検査機を通して金属や鉱物異物が混入していないか検査を行います。 特に最近では食品安全に対する要求が非常に厳しさを増しています。そうしたニーズに応え、お客様の元へ安全な商品を届けるために必要な措置です。
X線異物検査機は、レントゲン撮影と基本的に同じ原理で物を透かして中の様子を見ることができます。X線を細いビーム状にして被検査品に照射し、半導体型ラインセンサで透過量を計測し画像として撮影します。
石、ガラス、硬質ゴムなどもを検出することができます。

製品保管冷蔵庫

当然のことではありますが、X線検査機をパスしたエラスチンは出荷まで高温多湿を避けるため冷蔵庫で大切に保管されます。ただ冷やすだけではなく遮光も必要となってきます。1番ベストな状態で取引先の皆様へ届くようよう管理しています。野菜の場合、新鮮味を保つのに最適といわれる管理温度5℃以下といわれていますが、エラスチンは10℃に設定されています。 冷蔵で温度が低い状態で開封すると、結露が発生し給水してしまいますので、出荷前に室温で緩やかに常温に戻し、内部までしっかり常温に戻した後出荷します。

作業台

何気ない作業台ですが1枚撮ってみました。私が工場を見学で訪ねた時は製造はしていませんでしたが、工場内はきちんと整理整頓されていて台を見てもお分かりの様に全ての機器はピカピカに輝いていました。
それはまるでエラスチンのことなら僕らに任せて!と言わんばかりでした。会社の部長さんを始め、皆さんとても親切な方々ばかりでエラスチンについて全く無知だった私にいろいろ教えていただきました。
「商品は嘘はつかない。」これが私の持論ですが、正にまるでこの台が鏡のように映っているかのようでした。

[1] [2]