エラスチンって何?

女性美容サプリメント

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
女性美容サプリメント
エラスチンを配合した女性美容サプリメント >> エラスチンって何?

 

 

 

エラスチンって何?

エラスチンの働き

エラスチンって言葉聞いたことありますか?コラーゲンなら聞いたことがあるかもしれませんね。エラスチンは皮膚の真皮や靭帯、腱、血管壁などの伸縮性がある人体の器官にコラーゲンとともに存在する物質で、細胞外で働く繊維状のタンパク質でゴムのように伸び縮みする性質で、弾力性があり、組織に柔軟性を与える物質です。
コラーゲンも弾力性の性質を持ち合わせていますが、エラスチン自体ゴムのように伸縮する性質がある繊維状をしており、主にコラーゲンを支える働きをして、肌の柔軟性や弾力性を維持しハリを与える働きがあるといわれています。
それはコラーゲンと同じ真皮という部位に存在していて、共に皮下の柔軟組織を構成していますが、タンパク質の中でもっとも多いのがコラーゲンで、その次に多いのがエラスチンなのです。真皮とは、皮膚の本体ではありますが肌の表面である表皮の下に位置する部位で、肌のハリや新陳代謝の役割を担っています。
コラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンなどで構成されており、真皮層の下には皮下組織があります。真皮層の繊維芽細胞間のすき間を埋めている繊維状のコラーゲンが、網の目のように交差しています。エラスチンはこのコラーゲンの網目状の部分を束ねてスプリングのようなコイル状に巻きついて存在しているのです。
お肌のシワが気になるのは、このエラスチンとコラーゲンの構造が崩れてしまっているからなのです。コラーゲンばかりが注目されていますが実はエラスチンの方が影響しているようです。 エラスチンは、コラーゲンを支えるスプリングのような働きをしていますので、このエラスチンが不足することによってコラーゲンを支えることが出来なくなり、その影響で肌の弾力がなくなってしまいシワやたるみの原因へと繋がっているのです。
エラスチンは紫外線を浴びることやストレスなどの活性酸素によって量が減ったりまた変質したりしてしまいます。紫外線は特にコラーゲンやエラスチンを正常ではない状態に変えていってしまいます。
肌は本来、正常な方向に向かって弾力性を維持しているのですが、紫外線にさらされることによりコラーゲンやエラスチンが変性されて硬くなり、弾力性が失われてしまうのです。
またエラスチンは年齢とともに柔軟組織での含有量が減少してきます。およそ20代後半30歳を境に減少していくといわれています。さらにコラーゲンは年々徐々に減少していきますが、エラスチンは40代を過ぎると急激に量が減少してしまい、肌にハリやツヤがなくなりシワへと繋がります。若い年齢のようなみずみずしいハリや弾力が失われることで、年々シワやたるみが増えていき肌トラブルの影響へと繋がるといわれています。ですからコラーゲンを多く摂ってもエラスチンが不足していては意味がなくシワの原因になります。エラスチンは牛すじ肉、手羽先、軟骨、煮魚などの食材に含まれています。
柔軟組織は睡眠中に再生されるので、これらの食べ物はなるべく夜間に摂取するのが適しているともいわれます。睡眠不足はお肌の大敵といわれているのもこういったことが背景にあるからでしょう。
ですが、これらの食材を食べただけではそれほどエラスチンを摂取することは出来ません。
ですから、エラスチンサプリメントによって摂取することをオススメします。
エラスチンを摂ることで、真皮の伸縮活動を活発にしていくことが、肌を若々しく保つポイントになるといえます。関節や骨や靭帯、腱、血管など、身体のあらゆる所に存在するコラーゲン及びエラスチン。
コラーゲン含有のエラスチンサプリメントは美肌へと導くだけでなく、毎日の健康維持にも役立つことといえましょう。