お客様からよくある質問

女性美容サプリメント

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
女性美容サプリメント
エラスチンを配合した女性美容サプリメント >> お客様からよくある質問

 

 

 

mainstreamプルランカプセル

mainstreamプルランカプセル

Lady's Vigor 200粒 タブレット

Lady's Vigor 200粒 タブレット

お客様からよくある質問

Q.1 星 コラーゲンとエラスチンと比べてどっちが大事なのですか?

A. よく皆さんコラーゲンを摂ることばかりお考えですが、コラーゲンが沢山あってもエラスチンが不足していてはコラーゲンの働きを上手く引き出せないのです。また、コラーゲンは年齢と共に徐々に減少しますが、エラスチンは40歳を過ぎると急激に減少します。エラスチンはスプリングの働きをしているので、肌に弾力をつける働きをしています。コラーゲン、エラスチンどちらも大事ですが、コラーゲンばかり補われても駄目だということです。

Q.2 星 エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸を一緒に摂らないと駄目なの?

A. 保水性分のヒアルロン酸を体に保持しておくためにはコラーゲンが必要で、コラーゲンの働きを有効にするにはバネの働きのエラスチンが必要なのです。
水分を保つ「ヒアルロン酸」、膠原線維の「コラーゲン」、コラーゲンを支え元の形に戻ろうとする弾性線維の「エラスチン」の3つのバランスが整って始めて健康な肌を保つことができるのです。ですから、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸を一緒に摂取することが望ましいということがいえます。

Q.3 星 他のエラスチンとどう違うのですか?他の薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A. エラスチンの原料は魚由来(カツオ・タラ・サケ・ハマチ・マグロ)と動物由来(豚・牛)があります。魚由来でも動脈球、魚皮、心臓、結合組織など使用部位が異なりまた成分も異なります。当社では、デスモシンという成分を含んでいるカツオの動脈球由来のエラスチンを使用しております。
エラスチンサプリメントは食品ですので他の薬や健康食品と一緒に飲んで頂いてもとくに問題はないと思われますが、もし現在治療中であれば主治医とご相談の上お決め下さい。
万が一お体に合わない場合は使用を中止し、医師にご相談下さい。

Q.4 星 エラスチン配合のソフトカプセルは販売していませんか?

A. ソフトカプセルは原料成分を1/3以下しか含有することが出来ません。何故ならソフトカプセルは性質の安全性を保つために沢山の添加物が必要となるのです。中身が全部主成分と思っていたら大間違いなのです。またソフトカプセルの原材料は多くが油なのです。ですから、当社ではソフトカプセルのお取り扱いは致しておりません。当社ではハードカプセルの中でも安全な植物由来カプセルを使用しています。
非遺伝子組換えとうもろこしのデンプンを原料とし、黒酵母による発酵で得られる水溶性多糖類『プルラン』を原料とした植物由来カプセルです。

Q.5 星 カプセル内には賦形剤や保存料などの添加物は入っていませんか?

A. 他社のエラスチンサプリメントは、賦形剤などの添加物を配合してある場合が多く、無添加と表示していても中には大量の賦形剤や保存剤を混ぜている製品もあります。
当社のエラスチンサプリメントは、エラスチンとコラーゲン、ヒアルロン酸などの原料がとても軽いので100%の充填はかなり難しい状態でしたが、試行錯誤の結果ようやく添加物無添加で製品化することが出来ました。賦形剤や保存料、着色料などの添加物は一切使用しておりません。安心してお摂りいただくことができます。

Q.6 星 高純度のエラスチンなのに何故安いのですか?

A. サプリメントなど健康食品は消費者の皆さんが高ければよいかのような認識をされてしまっているようです。そのためサプリメント業界では必要以上の利益を上乗せして販売している業者が多数あります。
当社は原料などの品質に拘って製品化しています。しかも全て手作業による工程で植物性のハードカプセルに充填しています。何故このような拘りの商品が安くて出来るのかといいますと、広告宣伝等に掛る費用を省き、容器や梱包にお金をかけないというコスト削減で安く仕上げることができました。
商品の広告宣伝費は商品の価格に計上されてしまうのです。少しでも多くの皆様に安くて確かな商品をお届けするためにも出来る限りの誠意を持って販売致しております。

Q.7 星 エラスチンの効果・効能を教えて下さい。

A. 口から摂取するものは「医薬品」か「食品」のどちらかであると決められています。健康食品を医薬品として認められているような効能効果は記述することは出来ません。
ですから、どのような成分であっても医薬品のように効果効能を記載したり、それらのことの書いてある書籍や小冊子を配布することも法律によって禁じられており薬事法違反となります。
また体験談を記述したり、サプリメントを薬のように誤認させているネットショップが多数存在していますが、それらも全て違法販売にあたります。
健康を損ねる恐れがありますので、そのようなお店から購入しないよう十分に注意をして下さい。