新薬事法について

女性美容サプリメント

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
女性美容サプリメント
エラスチンを配合した女性美容サプリメント >> 新薬事法について

 

 

 

新薬事法について

健康食品を薬のように扱うと薬事法違反ですよ!

薬事法は、日本における医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器に関する運用を昭和35年定めた法律です。
品質や安全性の確保のために規制を行い、衛生上を図ることを目的としています。これらは行政が承認、確認、許可、監督しています。

[薬事法に抵触するケース]

1.使用体験談、使用前後図・写真について

健康食品の効能・効果に関する使用体験談、使用前後の画像を掲載することは、効能・効果が確実であるかの誤解を与えるため認められません。

2.個人輸入代行広告について

個別輸入の手続を請け負う「輸入代行業務」者が未承認の医薬品・医療用具等の広告を行うことは、薬事法で禁止されています。
特に健康被害が多発しているダイエット広告には注意が必要です。
一方最近、「輸入代行業務」といいながら、実質的には輸入を行っているようなケースもあります。
この場合、医薬品・医療用具等を許可のなく輸入しているということで薬事法に違反します。

このようなサイトを見つけたら 健康安全部 薬事監視課 監視指導係に相談して下さい。

健康増進法について説明します。

ラベルの栄養表示

「健康増進法」は、平成14年に、国民、国、地方公共団体、健康増進事業実施者がそれぞれの立場で 健康増進に努める、という法律です。

[健康増進法に抵触するケース]

1.ラベルなどの表示基準について

エネルギーや、たんぱく質などの栄養成分等の含有量などを表示する場合や、「高カルシウム」、 「ビタミンC含有食品」などの栄養成分に関する表示をする場合は、「栄養表示基準」に従った表示が必要です。

2.誇大表示について

根拠が適切でない広告をホームページなどに表示(薬事法にも抵触)するとは認められません
厚生労働省等がお墨付きを与えていると誤認させる誇大表示することは認められません。

このようなサイトを見つけたら東京都福祉保健局健康安全室健康安全課食品医薬品情報係相談窓口へお願いします。